カテゴリー:SS

フライゴン(特性:ノーガード)「ガブ、パン買って来いよ」


f0228017_2158357




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 22:53:32.43 ID:wwgjdHBS0




ガブリアス「ちっ…」



フライゴン「返事がねーんだけど?」



ガブリアス「はいはい分かりましたよ先輩」スタスタ



フライゴン「けっ…種族値だけが取り柄の不細工が」












3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 22:55:14.79 ID:c41f3eFh0




カイリュー「うーっす」











4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 22:55:27.54 ID:qI9W+37T0




素早さ負けてるから返り討ちに合うぞ













5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:00:28.48 ID:wwgjdHBS0




カイリュー「ウィーッス」



フライゴン「あ、先輩チィーッス」



カイリュー「俺とお前交代だってよ。もう少ししたらお呼び掛かるぞ」



フライゴン「うっす。今日もスカーフでばっちり決めて来ますよ」



カイリュー「あれ? ガブどこ行った?」



フライゴン「あぁ、アイツならパン買いに行ってまだ戻ってませんね。ったく、S102は飾りかってーの」



カイリュー「あんま虐めてやんなよ」



フライゴン「教育ッスよ教育」



ガブリアス「ただいまー…って、お帰りなさいカイリューさん」



フライゴン「ガブ、俺急いでっからパン寄越せ」









menubox01

カイジ「ゆけっ……!ブースターっ……!」


mig



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/15(金) 02:38:12.56 ID:52IBHNLz0




カイジ(やれるっ……!お前ならっ……!信じろっ……!食らいつけ……!)



カイジ、最後の一体……!

ブースター……!不遇と蔑まれ、陽の目を浴びることのなかったブースター……!



利根川「クク……ブースター……如何にもクズの選択しそうなポケモン……!甘い考えっ……!」



バンギラスのまもる!



ブースターの ばかぢから!



カイジ「グッ……!バカなっ……!!ここにきてまもる……!!2連続まもる成功……!!」



利根川「前のターンに使ったからもう守るはない……!その考えこそ泥沼っ……!死ねっ……!落ちろっ……!」



ブースターは 砂のダメージをうけた



カイジ「ぐぐっ……ぐううっ……!!」(グニャアアアア)












4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/15(金) 02:50:14.41 ID:52IBHNLz0




ここはスターサイドホテルの一室。



異様な雰囲気につつまれた部屋で行われているのは狂気のポケモンバトル……!



全3回戦行われ、カイジが勝った場合

残ポケモン数×1000万円の配当……!

しかし負けた場合、利根川の残ポケモン数×3cm、耳と目に付けられた針が前進する……!



利根川「まずは私の勝ちだな……!沈めっ……!負け犬……!落ちこぼれのブイズっ……!」



バンギラスの じしん!

きゅうしょに あたった!



カイジ「ぐっ……ぐうう……!!」(グニャアアアア)



砂ダメージにより襷は貫通……!

地震……!こうかはばつぐん……!



兵藤「クカックカカカ……!勝負あったの……!1回戦、カイジの負けじゃっ……!」



キリキリキリキリキリ……



利根川の残ポケはバンギラスのみ……!

しかし3cmの針の前進……!

恐怖……!



カイジ「ハァッハァッ……!」



利根川「始めようか……!第2回戦……!」












5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/15(金) 02:50:29.39 ID:uMsXSWae0




期待












6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/15(金) 02:53:14.23 ID:pQt1NTY/O




福本作品とポケモンのマッチ具合













7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/15(金) 02:55:40.98 ID:ZL0pOKE/0




がっ・・駄目っ・・!

当たらない・・命中85・・!ここにきてカイジ痛恨のミス・・!










menubox01

N「ポケモンの気持ちが分かるフロンティアブレーン リラ?」


20120318031917N



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/11(月) 15:54:23.13 ID:xPYESEW10




ポケモンの気持ちが分かる青年Nと再会し、一緒に旅をすることになったサトシ達は白の遺跡を目指し旅を続けていた



アイリス「ここが○○タウンねー」



デント「良い場所だよぉ」



ざわざわ



サトシ「ん?何だ?」



モブA「カントーからフロンティアブレーンが来てるらしいぞ!」



モブB「まじかよ、行ってみようぜ!」



アイリス「フロンティアブレーン?」



デント「カントー地方に7つのバトル施設が集まるバトルフロンティアというのがあるんだ

その施設の代表がフロンティアブレーンで、実力は四天王にも匹敵すると言われているんだよ」



アイリス「へぇ~凄い人たちなのね」



サトシ「(もしかしたら誰かと再会出来るかも……)

行ってみようぜ!」



アイリス「ちょっとサトシ!全く子どもなんだから」












5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/11(月) 15:59:55.17 ID:xPYESEW10




サトシ「リラじゃないか!」



リラ「サトシ!」



サトシ「久しぶりだなー!」



デント「久しぶり?」



サトシ「紹介するよ

デントにアイリス、そしてNさんだ」



デント「初めまして」



アイリス「よろしく!」



N「よろしく」



リラ「僕はタワータイクーンのリラ

フロンティアブレーンをやっているよ」



デント「サトシはどこでリラと知り合ったんだい?」










menubox01

ポケモン廃人の朝は早い



trb5555555



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/11(月) 00:37:59.43 ID:jZFjTxY+0




「まぁ、好きで厳選してますから(笑)」



なかなかいい親が産まれない、と口をこぼした。

まず、遺伝用のドーブルを作ることから一日が始まる。












2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/11(月) 00:43:33.57 ID:jZFjTxY+0




「こりゃだめだ。ほら、めざ竜だ。」



5Vでもめざパ違いは弾かれる。

採用個体が出るまで半月はかかるという。












24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/11(月) 01:27:47.31 ID:euJ98/0L0




>>2

よほどのことがない限り、めざパ竜でも5Vは採用だろ












3:鼻毛大佐 ◆SHUZOr9ceYzT :2011/07/11(月) 00:45:16.33 ID:07DTeUN70




期待あげ











5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/11(月) 00:50:06.61 ID:jZFjTxY+0




毎日早朝マラソンは欠かさない。



「ここをずーっと走る。うん。(タマゴが)割れるまで。」



3時間走って産まれる良個体は数匹だという。










menubox01

男「行け!ダグトリオ」


6nintenf087



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 23:03:08.86 ID:bZ7+JHB6O




――??ばんどうろ――



ダグトリオ「グオオオ」



男「ダグトリオ、きりさく!」



ダグトリオ「キシャー!」



しかし、ダグトリオのこうげきははずれた!



男「なにやってんだ!」



エリートトレーナー「ニューラ、こおりのきば!」



ニューラ「グュワー」



ダグトリオ「ッ!」



ダグトリオはたおれた



男「ああ…そんな…」



エリートトレーナー「ふん、相手にならないな」



男はめのまえがまっくらになった












2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 23:05:02.89 ID:bZ7+JHB6O




――ポケモンセンター―



パンパンパパパーン♪



ジョーイ「お預かりしたポケモンはみんな元気になりましたよ」



ジョーイ「またのご利用をお待ちしております」



男「……」



男「そろそろダグトリオだけで戦うのも辛くなってきたな」



男「思えばこいつ一体で長いことやってきたもんだ」



男「俺が初めて捕まえたポケモン」



男「ディグダの時からずっと一緒に居たけど…」



男「とりあえず明日になったらもう一度考えよう。おやすみダグトリオ」



ダグトリオ(………)












menubox01

カメックス「殻破りたい……」メガニウム「死にたい……」



110509pokemon_starters


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 00:26:43.59 ID:DSXginJL0




メガニウム「はぁ……」



カメックス「そんな縁起でもないようなことを」



メガニウム「だって俺もうどうしようもないじゃん」



カメックス「ほら、マジックコートとかもらったし、選ばれし草ポケモンだろお前」



メガニウム「俺、最近思うんだよ」



メガニウム「我ら草ポケモン、そもそも草タイプに生まれた時点でお先真っ暗人生が確定してるんじゃないかって」



カメックス「鬱なのね」












2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 00:31:04.91 ID:DSXginJL0




メガニウム「これでもさぁ、昔は優遇されてたんだぜ」



カメックス「カビゴンにも拮抗できる実力だった覚えがある」



メガニウム「ふっ……。それにほら、ポケモンスタジアム金銀ってあっただろ」



カメックス「あー懐かしい。なかなかに難易度が高かったな。レンタルポケモンじゃ無理があるモードもあった」



メガニウム「ジムリーダーの城のレッドがよ、俺を使ってくれたんだよ」



カメックス「そんな話もあったか。でも裏ジムリーダーの城じゃお前も省かれてたよね」












4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 00:31:51.46 ID:wznzHSJ/0




なんでこの二匹なのか











menubox01

スネーク「こちらスネーク、トキワの森に到着した」


GRP_0029



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/09(土) 22:02:31.69 ID:wDT4JUCT0




少佐「予定通りだな、スネーク」



少佐「今回の任務はその森に生息する生命体"ポケットモンスター"、通常ポケモンと呼ばれる生物の調査、および捕獲だ」



少佐「基本的に必要なものはいつもどおり現地調達だが、捕獲用の道具はこちらで用意しておいた」



スネーク「この赤と白のボールか。だが、こんなものでポケモンを捕獲できるのか?」



少佐「自分で確かめてみるといい。そいつはシギントの自信作だ」



スネーク「…」



少佐「ともかく、その森で何かしらの生物を捕獲してくれればそれでいい」



少佐「もちろん、人に見つかるんじゃないぞ。幸い草むらや木々は多い。敵の目を欺くにはうってつけだろう。検討を祈る」



スネーク「何故隠れる必要がある?堂々と調査という名目で入ればいいじゃないか












2: 忍法帖【Lv=8,xxxP】(1+0:15) :2013/02/09(土) 22:03:07.21 ID:kStNFCcG0




良SSの予感













7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/09(土) 22:04:20.52 ID:DmIvkAWs0




トレーナー相手に重火器とCQCでフルコンボか











10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/09(土) 22:05:49.31 ID:ye7WGJtH0




>>7

ポケモン無視してトレーナー狙うのかwwww










menubox01

デリバード「お前もペンギンらしいじゃん」エンペルト「ああ?」


deri081225



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/18(土) 15:57:26.55 ID:W4NL7qFs0




デリバード「二番煎じのくせに目立ち過ぎなんだよ」



エンペルト(っていうかこいつ誰)












2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/18(土) 15:58:18.72 ID:Or8O9h+t0




プレ・・・ゼント?












3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/18(土) 15:59:29.34 ID:bEpLF8BH0




サタンのおじさんデリバード











menubox01

トリコ「カモネギか……」


toriko1_68



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 22:08:04.87 ID:xuIsVN3K0




誰かが言った……。



ネギのような植物の茎を持ち、その茎と一緒に調理することで極上の鴨南蛮ができる鴨――カモネギがいると……。





カントー地方某所



小松「ところで、トリコさん。カモネギの持ってる植物の茎って、葱じゃないんですか?」



トリコ「ああ。葱に似た植物の茎ってだけで、正しくは葱じゃねぇ」



トリコ「その植物の茎は巣を作る道具であり、武器であり、そして非常食なんだ」



トリコ「独特の硬さを持ち、たっぷり栄養の詰まったその茎は、カモネギの肉との相性も抜群……」



トリコ「最高の鴨南蛮……いや、カモネギ南蛮が作れるぜ!」












2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 22:09:27.51 ID:xuIsVN3K0




小松「カモネギ南蛮……想像しただけで涎が溢れそうですね、トリコさ……」



トリコ「シッ……静かにしろ、小松」



小松「え?」



トリコ「……」



ヒュゥンッ!



トリコ「フォークシールド!」



ガキィンッ!



カモネギ「カァモォッ!」



小松「うわぁあ!?野生のカモネギが飛び出して来た!?」












5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 22:10:30.19 ID:xuIsVN3K0




トリコ「まさかカモネギの方からこっちに来るとはな!探す手間が省けたぜ!」



カモネギ「カァッ!」ヒュッ



トリコ「くっ!?」



トリコ(早い……!『こうそくいどう』か!)



カモネギ「カァァアッ!」



トリコ「ナイフ!」



カモネギ「カァァァモォォォッ!」



キィン!



トリコ「なっ……!?」



小松「持ってる植物の茎でトリコさんのナイフを受け止めた!?」












7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 22:11:09.24 ID:CPdvfvK30




いいね











9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 22:12:09.87 ID:clz03kfT0




トリコと張り合うカモネギとかレベルいくつだよ











menubox01

シュバルゴ「ポケモンで一番最強を目指す」アギルダー「はぁ?」


1988798i



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/26(土) 01:18:19.29 ID:Fx7Z+9cI0




アギルダー「シュバルゴとか今の環境でやっていけるかよwwwwそれならメタグロス使うからwwwwww」



シュバルゴ「お前頭悪ぃな メタグrおすに無い地面耐性と拘りメガホーンの一級廃人級の攻撃力を両方そなわっているシュバルゴに死角はなかった」



アギルダー「種族値見ろよwwww流星群を受けるにしてもグロスかバンギがいるから^^」



シュバルゴ「バンギラスはタイプ違うし ラティオスにはついげきの追い撃ちでゆゆう。あまり調子に乗ってるとモんすターボールでひっそり幕を閉じることになる」



アギルダー「じゃ対戦しようぜwwww」












4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/26(土) 01:26:00.31 ID:Fx7Z+9cI0




汚いアギルダーがしょうぶをしかけてきた!





シュバルゴ「お前シザクロでぼこるわ・・」



アギルダー「メガホーンはどうしたんだよwwwwほーらよっと!」



アギルダーのめざめるパワー炎!効果はばつ牛ンだ!



シュバルゴ「ピンポイントで弱点つくとかあもりにも卑怯すぎるでしょう?」



シュバルゴ「しかしHDに振っている俺に死角は無かった。これで完全決着」



シュバルゴのシザークロス!アギルダーはきあいのタスキで持ちこたえた!



アギルダー「持ってて良かった気合いのタスキ^^」



シュバルゴ「」












5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/26(土) 01:28:01.09 ID:ic5lweXQ0




アギルダーってHSに振っていのちがけする機械だろ?









menubox01

スポンサード・リンク

Twitter フォローボタン


Twitterボタン
pokesenn@gmail.com

月別アーカイブ

QRコード

QRコード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
--------------